FC2ブログ

記事一覧

最小限の費用でレースに出よう。

今度の日曜日、熊本のHSRサーキットで四輪のスプリントレース。

二度ほど走行会に参加して、もう良かろう、とばかりにエントリーしやした。

走行会も、年イチの七夕参加だったんだけどね。

初めて走った時は3周でブレーキが臭くなったんで、こりゃちゃんと車作んなきゃダメだと悟り、数年がかりでパーツを買って組み付けた。

その費用たるや何と約10万円ちょい。

安い。

安上がり過ぎる。

これでレースに参加出来ちまったんじゃぁ、もっとお金かけた人に申し訳がたたねぇ。

買ったのはこのブログでも紹介したテインの車高長と、ディクセルのブレーキパッドなんだけどね。

まぁ、足回りはともかく、ブレーキだけは最後までシッカリ効いてくんなきゃ困る。

要は熱に強いヤツ。

耐フェード性能。

効きはどうでもいいんだな。

むしろ効かない方がいい。

効かない分だけ、強く踏めば良いようなブレーキが最も使いやすい。

どーせ最後はABSが作動して、それ以上のコントロール性は必要ないんだから。

ABS殺してるセコい人は、それじゃ困るんだろうけど。

ダートトライアルやジムカーナなら、純正品や社外品の安物で十分事足りる。

1日にたったの2周、ほんの3〜4分位しか走らない。

どん兵衛が出来る前に競技が終わっちまう。

ジムカーナのリヤブレーキは、サイドブレーキ使うから、ディスクブレーキだと良く効く専用のパッドが必要だろうけど。

レースはスラローム競技とは比べものにならない。

高速からハードなブレーキングを数十回もやるから。

JAFの、B級ライセンスで参加出来ちゃうスラローム競技と、A級ライセンスが必要なレースの違いがわかった気がする。

ラリーの国際ライセンスでさえ、レース除外の限定だったと思う。

それでも買ったのは前だけだけどね。まぁ、かなりの高温に耐えるヤツ。

201811151140208ba.jpeg

20181115114020829.jpeg

リアは社外品の安物だ。

それで十分保つし。無論、テスト済み。

それらとは別に、アライメントのセッティングもショップにお願いした。

20181114215445452.jpeg

数値は全てお任せコース。車高だけ自分でやって持って行き、好きにして、って言うだけ。

ここのショップオーナーの、数多い車のアライメントを診てきた経験は十分に信頼出来るから。

20181114215445cb5.jpeg

タイヤも新調した。

ナンカン。台湾製品だ。

20181114215445bd8.jpeg

最近流行りのアジアンタイヤだけど、4本工賃コミで53000円ほど。

個人経営の自動車修理販売業では、こんなタイヤは嫌ってる様。

曰く、バーストでもしたらどーすんだ? と。

そのクセ、中国製の水飴みたいな材質のアルミホィールはシッカリ使ってるんだな。

矛と盾な話だ。

つまり、売り上げが減るから嫌いなんだろう。

ただし。中国製と韓国製は、心情的に買いたくない。

特に韓国製だけは殺されても使わない。

あんな国のそんな人たちが作ったタイヤなんぞ。

ウチではかなり以前から中国製品、韓国製品不買運動実施中だしな。

台湾は、大地震の際に、真っ先に義援金送ってくれたからいいんだ。

俺は台湾は支持する。

自転車もすごい性能のヤツ作ってるし、欧米の有名メーカーが台湾メーカーから買ってるし。

少なくとも変だい(ヒュンダイ)のよーに雨漏りする新車なクォリティの製品は作ってない。

台湾の工業製品は信頼できると思う。

日本国内で売れないのを、関税のせいにして捨てゼリフと共に撤退して行ったカンコック自動車メーカーとは雲と泥の差だ。

バスはまだ売ってるようだけどね。

このタイヤは猫たち立入禁止の部屋に。爪でも研がれた日にゃ目も当てられん。

ちなみに後ろの自転車も台湾製。

20181114225007c62.jpeg

紫外線から保護する簾を巻いて。

エンジンマウントも切れてゴトゴト言い出してたから交換した。

201811142154459c2.jpeg

完全に切れてる。

20181114215445ff0.jpeg

マウントは全部で4カ所だが、左右は目視で切れてなかった。

後ろ側は自分でやれないし、やはり目視で大丈夫っぽい。

前側のこれだけ悪かったようだ。

そしてついでにスピーカーも全部外した。

20181114215445e65.jpeg

どーせ音楽は聴かないし。

運転席は音楽を聴く場所ではなく、ドライビングを楽しむ場所だ。

何か聴いてなきゃ運転出来ねぇよーな輩は即刻立ち去るべきだし、音楽を要求するような女は乗せない。

歩いて帰れ、だ。

ま、そもそもラジオもオーディオも無いからな。

さぁ、高価なエンジンオイルに交換した。

さらに目玉が飛び出る値段のギアオイルと、言葉を失う価格の添加剤も入れた。

エントリーも済んだ。

後は適度な緊張感に包まれ、出走を待つのみ、だ。

最低限、走れる状態までに要した費用は、タイヤ、サスペンションキット、ブレーキパッド、アライメントセッティングで20万円弱だった。

定期的に交換を要するオイルの類は含まない。

たとえレースに出なくても、同程度のクォリティな製品は日常的に使ってるから。

どう?

それでもかなり安上がりでしょ?




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

よおこそ!

プロフィール

三二九

三二九
プロ素人。神経質なくらいに大雑把。どんぶりで数えるクセがある。

フリーエリア

アウトドア&フィッシング ナチュラム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
15201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
971位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR